×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大塚愛 大塚愛の素敵な世界

大塚愛をご存知ですか。
大塚愛について詳しく紹介しますね。
大塚愛の近況とプロフィール

胸元セクシー大塚愛、サプライズライブで新曲「ポケット」披露。歌手の大塚愛(25)が2日、東京・表参道ヒルズのクリスタルツリー前でサプライズライブを行った。大塚愛がクリスマス前の女性たちを応援する企画で、大塚愛は胸元を開けたドレス姿で、約30万個のクリスタルがちりばめられた高さ11.5メートルの同ツリー前におしとやかに登場。

大塚愛がバラード曲「恋愛写真」を歌い出すと、アッという間に周りの人々がツリーのそばに集まった。大塚愛は続けて「もうすぐクリスマス。大切な人と築く季節がやってきました。いま思っている恋が今年一番輝きますように」と呼びかけ、大塚愛の新曲「ポケット」をしっとりと披露。買い物に訪れていた女性客らは大塚愛の歌をうっとりと聴いていた。

大塚愛(本名:同じ、1982年9月9日 - )は、日本のシンガーソングライター、女優、イラストレーター、絵本作家。作詞・作曲のクレジットは「愛」と表記される。

大塚愛の趣味はカメラとギャンブル。大塚愛の特技はピアノ、水泳、似顔絵。大塚愛の家族構成は一人っ子である。また、大塚愛はウサギを
2羽飼っている。大塚愛が飼っているウサギの名前は「チョコ」と「ココア」。大塚愛の好きな食べ物はマグロ納豆、肉ニラ炒め、ぎんなんなど。大塚愛の好きなスポーツは水泳。

大塚愛の好きな映画のジャンルはホラー映画。大塚愛の好きな色はピンク・赤・白。また、大塚愛の好きなアーティストは
RIP SLYMEMr.Childrenとなっている。大塚愛は虫が嫌いである。また、大塚愛は人参系の野菜も嫌いである。


デビューまでの大塚愛

大塚愛は短大時代に幼稚園教諭・保育士・社会福祉主事の資格を習得している。大塚愛は視力が極度に悪いため、コンタクトレンズを着用している。大塚愛は箸の持ち方が、日頃どうやって食べているのか疑問に思えるほどに崩れている。大塚愛は時々女性ファッション誌の表紙になることもある(おおむね10代後半-20代前半女性が対象のCUTiEnon-noSEDAなど)。大塚愛は2007年に入り、大塚愛はいろいろな楽器に挑戦し1人でバンドをしている(本人のオフィシャルウェブサイト内の日記「ai think」より)。

大塚愛は
630日にさいたまスーパーアリーナで行われた「Excite Music Festival '07」で「バイオリンを購入して練習中」と大塚愛は述べている。大塚愛「さくらんぼ」を歌っているが、サクランボを食べるのは苦手である(大塚愛いわく「トマトに似た食感」)。しかし、大塚愛は高級な品種のサクランボは食べられる(ファンからもらったものを食べたらおいしかったとのこと)。大塚愛のメジャーデビュー以前はもともとは学生時代の友人である西田真美とインディーズで「HimawaRi」というグループとして活動していた。大塚愛のヒット曲「さくらんぼ」はその時代に既に完成しており、かつてはデュオによる歌唱がインターネット上で無償で公開されていたこともあった。

大塚愛は幼い頃挑戦した子供向けのミュージカルの指導者の知り合いにあたるピアノの先生によるピアノレッスンを、大塚愛は
4歳から大阪を離れる18歳まで行い、15才から作詞作曲を始めた。「さくらんぼ」だけではなく、大塚愛はリリースされた楽曲の多くをデビュー前に作っていて、大塚愛のその数は60曲以上にも及ぶ。


デビュー後の大塚愛

大塚愛は2003516日、大阪から上京。同年910日、『桃ノ花ビラ』でデビュー。2004312日、「MUSIC STATION」(テレビ朝日)にてテレビ初出演。「甘えんぼ」を披露した。大塚愛は329日には、文化放送の番組「レコメン」内の1コーナー「大塚愛のai-r Jack」の放送がスタート。

同年
331日には、大塚愛の1stアルバム『LOVE PUNCH』を発売。大塚愛は7月には、森永「Ice Box」でCM初出演を果たす。大塚愛は11月から12月にかけては、「さくらんぼ」でベストヒット歌謡祭最優秀新人賞と日本有線大賞最優秀新人賞と日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、大塚愛が新人賞レースを独占。1231 には、NHK紅白歌合戦に初出場。「さくらんぼ」を歌う。紅白など年末歌番組の出演効果により、2005年初頭にはシングル『さくらんぼ』や1stアルバム『LOVE PUNCH』がチャートの上位に再浮上。

大塚愛は
200531日には、大塚愛自身初のフォト・ラブストーリーエッセイ『キミイロオモイ』を発売。同年316日には、大塚愛は漫画・「NANA」のトリビュートアルバム『LOVE for NANA ~Only 1 Tribute~』に「Cherish」で参加。この楽曲は、後に発売される大塚愛のアルバムにも再収録された。大塚愛は4月には、「ライオン」の看板商品「植物物語」と「Ban」のコマーシャルに出演。また、時を同じくして大塚愛自身のオフィシャルモバイルファンクラブ「LOVE9CUBE」(ラブ・キューブ)が発足。大塚愛428日から61日にかけては、大塚愛自身初の全国ホールツアー「JAM PUNCH Tour 2005~コンドルのパンツが食いコンドル~」を敢行。

2004年に発売した2枚のオリジナルアルバム『LOVE PUNCH』『LOVE JAM』をひっさげてのツアーとなった。大塚愛は511日には、初の両A面シングル『SMILY/ビー玉』を発売。また、大塚愛は同年6月にはDVDドラマ『東京フレンズ』へ出演(翌20068月には映画化)するなど、大塚愛は女優業といった新たな分野にも挑戦した。大塚愛は727日、初のライブDVDJAM PUNCH TOUR 2005~コンドルのパンツがくいコンドル~at Tokyo International Forum Hall A on 1st of June 2005』を発売。このDVDで、オリコン音楽DVD週間チャート初登場1位を獲得している。

酒井法子 可愛い酒井法子 川島なお美 素敵な川島なお美 黒谷友香 元気な黒谷友香
かないみか 可愛いかないみか 川嶋あい 川嶋あいの素敵な世界 大塚愛 大塚愛の素敵な世界





Copyright(C) 大塚愛 大塚愛の素敵な世界 All rights reserved